HWIC-4ESW=

Four port 10/100 Ethernet switch interface card

4ポート 10/100Mイーサネットスイッチモジュール

メーカー シスコシステムズ合同会社 (Cisco)
型番 HWIC-4ESW=
状態 < 中古 >
価格(税込) ¥18,000
在庫・納期 在庫:3 [即納可能]
製品保証
リンク メーカーサイト
cisco.com内検索
HWIC-4ESW=
(写真は参考画像です)
ハードウェア
ソフトウェア
スペック (IP Phone)
スペック
セキュリティ
認証
暗号化
ポート
スロット

10BASE-T/100BASE-TX ポート× 4 または 9
それぞれのポートで最大 200 Mbps の集約帯域幅(全二重)でレイヤ 2 トラフィックを転送
自動検出、自動ネゴシエーション、および自動 MDIX(自動の Media-Dependent Interface Crossover [MDIX; メディア依存型インターフェイス クロスオーバー])
自動検出機能により、接続されているデバイスの速度を検出し、ポートを 10 Mbps または 100 Mbps で動作するように自動設定
自動ネゴシエーション機能により、HWIC の全ポートで自動的に半二重または全二重伝送モードを選択し、帯域幅を最適化
自動 MDIX 機能により、接続されているイーサネット デバイスとスイッチの回線ペア間をつなぐケーブルのタイプ(ストレートまたはクロス)を自動検出
統合型スイッチング
統合型スイッチングにより、リモート オフィスと小規模ブランチ オフィスの管理ポイントを削減
802.1P QoS(トラフィックの優先順位付け)
IEEE の Class of Service(CoS; サービス クラス)およびポイント ベースの優先順位付けに基づく QoS をサポートし、タグ付きパケットの CoS 設定をポート単位で変更可能
802.1Q トランキング
個別の VLAN をタグ付きおよびタグなしフレーム構成で設定可能。トランキングは、VLAN を実装している 2 つのデバイス間にリンクを作成するときに、ポートを節約するために使用する。VLAN を使用すれば、LAN を複数のセグメントに分割できる
802.1D STP
このレイヤ 2 リンク管理プロトコルにより、パスの冗長性を提供すると同時に、ネットワークにとって有害となるループの発生を防止。これにより、ネットワーク設定は簡略化され、耐障害性が向上
Voice VLAN(VVLAN)
Cisco IP Phone で音声とデータを別々の VLAN に配置可能。HWIC スイッチ ポートをトランク ポートとして手動設定することにより、同一ポートで音声とデータ VLAN をサポート可能。設定後、スイッチは、Cisco Discovery を使用して動的に Cisco IP Phone を設定
802.1X 認証
クライアント/サーバ ベースのアクセス制御および認証プロトコル。許可を受けていないデバイスがアクセス可能な公共ポートを通じて LAN に接続することを制限
PoE(オプション)
適切なインライン パワー モジュールと内部電源装置を装備することで、Cisco IP Phone や無線アクセス ポイントへの給電が可能(IEEE 802.3af 準拠の PoE とシスコ インライン パワーの両方をサポート)。9 ポート HWIC(製品番号:HWIC-D-9ESW-POE)の 9 番めのポートは、PoE アプリケーションには使用不可。PoE オプションは、Cisco ISR 1841 では使用不可
マルチキャスト管理のサポート
管理機能をサポートできるように、ハードウェアでの Internet Group Management Protocol(IGMP)スヌーピングを提供
SNMP(簡易ネットワーク管理プロトコル)
管理 SNMP により、MIB(管理情報ベース)ブラウザから MIB を管理可能
Cisco IOS ソフトウェア CLI(コマンドライン インターフェイス)
Cisco IOS ソフトウェアの CLI を使用した設定が可能。ルータのすべての機能に対して共通のユーザ インターフェイスが使用可能
CiscoWorks のサポート
シスコのルータ、スイッチ、およびハブへの共通の管理インターフェイスを提供。ポート単位およびスイッチ単位での管理が可能
SNMPv1、v2、および v3(非暗号化)と Telnet インターフェイスをサポートしているため、包括的なインバンド管理が可能。CLI 管理コンソールでは、詳細なアウトバンド管理が可能
CiscoWorks ネットワーク管理ステーションは、Cisco Discovery Protocol(CDP)バージョン 1 および 2 により、ネットワーク トポロジー内でスイッチを自動的に検出
これらの機能は、CiscoWorks LAN Management Solution によってサポート
CDP バージョン 1 および 2
CiscoWorks ネットワーク管理ステーションは、ネットワーク トポロジー内でスイッチを自動的に検出
VLAN Trunk Protocol(VTP;VLAN トランク プロトコル)(クライアント、サーバ、およびトランスペアレント モード)
シスコ スイッチ間で VLAN を動的に設定
※スペック情報、概要説明文、画像は内容の正確性を保証しない参考情報です。
選定に必要な情報につきましてはメーカー、弊社営業までご相談下さい。
通信技研合同会社 (特定商取引法に基づく表示 / プライバシーポリシー)
お問い合わせ:077-514-9043 / info@ct-lab.jp / EoS Information